国内バイオプ業者で取引を始めるまで

バイオプは、少額でできてリスクが少ない

FXは、為替の取引で、例えば1ドルが100円の時、円安にふれると予想すると、ドルを買い、円高にふれると予想すると、ドルを売るやり方で為替差益を獲得するもので、現物の株取引と違って、株の信用取引と同様に買いからも売りからどちらからもでき、上がる下がるの予測で儲けるものです。また通貨を持つことで、スワップといって利息がつくこともあり、オーストラリアドルなどは、買って保有すると、1万通貨あたり3万円ぐらいの利息がつくのも魅力です。このFXの中でも、このようなスワップがない上昇か下降かを予想するものがあります。
それがバイオプで、バイオプには、現在二つのパターンがあり、単に上がり下がりの一定の期間のものと、一定の期間に上昇するパターンを範囲を3から4つ、同じく下降するパターンを3から4つ決めて、予測に範囲に投資してリターンをえるものがあり、後者のほうが今は主流で、予想もしない範囲に投資して、的中すれば投資金の10倍以上の当選金が得られることもあり、FXの普通の取引にない大きなリターンがあります。またバイオプは、最低は50円から可能な会社もあり、気軽に投資でき、またFXと違うのは、投資額が予想を外したとき、その投資額を失いだけ損失で、FXの普通の取引では、所有した為替が大幅に変動して、予想外の含み損を抱えて、ロスカットに悩むということもなく、その場限りの投資になる点、ロスカットが苦手で損失も最小にしたい方に最適な取引です。
しかしバイオプは、さきに述べた通り、投資金の予測の失敗で全額なくなるので、リスクコントロールとして投資額が良く考えたほうがいいです。いくら返戻の倍率が高いといって、多額の投資は避けたほうがいいです。1回に負ける金額を5千円までとして投資をこまかくすれば、大きな倍率に当たった時にはリターンも大きいので、上手く行えば月額でサラリーマンでも10万円ぐらいは設けることは可能です。

 

 

乗れば大きなリターンのバイオプ

 

バイオプは、為替が上昇するか、下降するかを予測して投資する一定期間の結果により完結する投資方法です。現在の主流は、投資基準価格よりも上昇する領域の4区分、下降する領域の4区分を設けて、自分の予想の領域に投資して、倍率が1.4倍から高いもので10倍以上の払い戻しをうけるものがあります。
このシステムでは、面白い投資ができます。バイオプは、完結型なので普通のFXと比べて違うのは、投資予測が合致しないと払い戻しはありません。FXのよう不測の為替変動により、持っている為替に多大な含み損がでるということもなく、ロスカットの考えもないので、投資金額を決めておけば大きく損をするというがないので、気軽にゲームのように楽しんで上手くいけばかなりの配当も期待できるものです。
では実際に行った面白い投資ですが、それは上昇、下降の両方の領域にそれぞれ投資する方法で具体的にこうです。バイオプは、少ない金額から投資可能なので、500円でUSドルが上昇のする領域の倍率3.3倍のところに投資、下降する領域のところの1.4倍のところに投資します。この場合に上昇して、予測が合えば1650円、トータルで650円の黒字で下降しても予測が合えば700円でトータルで300円赤字となります。但し、まったく予想だにしない上昇下降のところに結果がいくとこう上手くいきませんが、外国の為替の特性、つまりは上昇下降トレンドが長く続く傾向があるか、それともボックス相場を形成することが多いか、通貨語との特徴をよく理解すれば、予測を的中させることも可能で、為替には絶対はないですが、明らかにどうちらかのトレンドに入りそれを長く形成すると予想するならば、そのトレンドの領域に投資して、2倍から3倍の配当を得れば、少ない資金もバイバイゲームになり、一日で元金1万円が10万円になったこともあります。このバイオプの利用には、一日の負ける金額の上限を定めて行えば、予想が的中しつければ倍々ゲームで設けることも可能で、損失も最初にきめた額におさまるので安心して行えます。

 

 

バイオプを体験してみました

 

バイオプ業者を知ったきっかけは、ネットで見かけた記事でした。
今後の事を考え、株やFXでも始めておいた方が良いのではないかと考えていた時、バイオプで現金を増やす事が出来たという記事はとても魅力的に見えました。
ただ、そんなに美味しい話がある筈がないという気持ちもありました。
ですが、少額から始める事が出来るというのはとても魅力的で、これならば、もし損をする事になっても、一気に財産を失うという事はなく、安心して挑戦できると考え、試してみる事にしました。
実際に、バイオプを始める準備をした後も、美味しい話を信じたら損をするのではないかという気持ちがありました。
ですが、バイオプは、指定された時間に相場がどう動いているかを予想するだけです。
それも、上がるか下がるかの二者択一で、株やFXのように買ったり売ったりするタイミングに悩まされるという事もありません。
それを考えると、難しい事を考えずに、やってみようという気持ちになりました。
最初は、直感だけを信じて、上がる方を予想したところ、指定された時間に相場は下がってしまい、損をしてしまう事になりました。
やっぱり投資というのは簡単ではないと感じると同時に、ビギナーズラックがなくて良かったと感じました。
ビギナーズラックで大儲けでもしたら、今頃、冷静な感覚を失っていたでしょう。
ですが、最初に負けた事で、よく考えてバイオプを行っていかなければいけないと考えるようになりました。
そのおかげか、その後は、徐々に予想を当てる事が出来るようになってきました。
最初に負けた事があった為、必要以上に欲を出さないように注意をしながら予想を行っていったところ、確実にお金を増やす事が出来るようになってきました。
ネットで見たようなボロ儲けまではいっていませんが、今までよりも少し余裕を持った生活が出来るようになっており、バイオプを始めて良かったと考えています。

以前に私は、FXの自動的な売買を試してみた事があります。そして、それで損失になってしまった事があるのですね。今思い返してみれば、ある意味当たり前だったとも思います。
事の発端ですが、私はある時にその投資商品で行き詰まりを感じていました。自分でも色々な方法を試行錯誤してみるのですが、どうしても上手く行かなかったのですね。
それで色々とネットで情報を調べていたところ、あるサイトにてとても興味深い売買方法が紹介されていたのです。そのサイトで解説されている内容は合理的だと、今でも思います。理論的に考えれば、確かにそのサイトで紹介されている方法が正しいのですね。
その方法に興味を持った私は、自動システムで売買を行う事にしました。それで最初の内は、そこそこの利益が発生していたのです。
ところが問題は、ある程度日数が経過した時からです。ある時に、だんだん外貨の動きが円高になってきたのですね。すなわち下落傾向になっていたのです。
その状況になってしまってからは、だんだんと含み損が拡大してしまいました。まさかそこまで含み損が拡大するとは思っていなかったので、正直私は面食らってしまった覚えがあります。それで最終的にはロスカット間近になったのですが、どうにか色々なやり方を駆使してその状況を乗り越えることができた覚えがあります。
しかし今思い返せば、それも当然なのですね。実はあの時私が正しいと思っていた自動的なシステムは、円安の局面において大きな効果を発揮するのです。円高になってしまうと、そのシステムが通用しなくなってしまうのですね。つまり今まで経験した事がないFXの相場状況が到来したので、その自動的な方法では通用しなくなってしまった訳です。
よく言われる事ですが、過去の話が未来に通用するとは限りません。過去はあくまでも過去のもので、未来の成果を保証するものではない点には要注意でしょう。
その点が分かっていても私のように失敗してしまう事例が多々見られます。あまり過去の話を過信しないようにするのは、大事だと思う次第です。

続きを読む≫ 2015/10/13 11:05:13

私は最近、指値で売買をしています。そして指値による売買を行うとなると、利益確定までの額が大きなポイントになってくるのです。
投資の専門用語の1つに、利大損小というものがあります。利益はできるだけ伸ばすべきであって、損失は最小限に抑えるべきなのですね。
ところで指値で売買をするとなると、それは極めて大切なのです。例えばIFOで注文をするのであれば、利益確定の方はできるだけ高めにするべきなのですね。そして逆指値の方は、なるべくタイトにするべきなのです。その方が利益率は高くなると考えられているからです。
そして実際それは、高くなる傾向があります。現にその利益率に関することは、バックテストと呼ばれるもので証明されているからです。
いわゆる自動売買という方法が、最近は活発化してきています。普段のお仕事がお忙しいサラリーマンの方にとっては、その自動的な方法はとても便利なのですね。サラリーマンは昼間は会社で仕事をしなければなりませんが、その自動的な方法であれば、たとえ会社で作業をしている間も売買を代行してくれるからです。昼間の時間帯がお忙しい方にとっては、非常に便利なシステムと言えるでしょう。
ところでその自動的なシステムを選ぶ際には、バックテストによって検証される事が多いですね。過去の値動きを参考に様々な自動的なシステムのルールを比較してみて、一番成績が良いものを選ぶ事になるのです。
そしてそのバックテストによると、前述の利益確定の話は証明されているのですね。利益確定までの金額をタイトにした時には、あまり成績が良くなかったというデータが出ています。逆に現在値から利益確定までのレートを大きく離した時には、そのテストでの成績は優秀だったというデータが存在するのです。
ですのでFXのIFOで売買をするのであれば、やはり利大損小を心がける方が良いでしょう。利益が確定するまでには多少の時間がかかる傾向はありますが、バックテストによって証明されている訳ですから、やはりその通りに設定するのが良いと思います。

続きを読む≫ 2015/10/13 11:04:13

今月は、私が用いている外貨にとっては重要局面になりそうです。なぜなら今月の終値次第では、その外貨のレートが大きく下落する可能性があります。いわゆる3羽烏が発生する可能性が、ゼロではないです。
3羽烏とは、ローソク足のパターンの1つになります。その方は意外と的中する事が多いので、覚えておいた方が良いと思うのですが。
ちなみにロウソクには、もちろん2種類あります。陰線か陽線ですね。
ところで外貨の動きを見てみると、たまに前者の陰線が3本連続で出現している事があります。大抵のFXの会社は、陰線を黒いローソクで表現している事が多いですね。カラスが3つ飛んでいるように見えるので、上記のような表現が用いられている訳です。
ところで3本連続でそれが出現した時には、今後は下落トレンドになる確率が非常に高いです。なぜ下落になる確率が高いかは不明なのですが、とにかく高いのですね。
そして私が売買を行っている外貨の場合、すでに2ヶ月前と先月は2ヶ月連続で陰線になっています。そしてすでに今月は3分の1が経過していますが、ちょっと陰線になりそうな雰囲気は感じられるのですね。まだ確定はしていないのですが。
私が売買をしている外貨で3羽烏が出現しているケースは、極めて稀です。月足で見てみると、ほとんど3羽烏が出現していないことが分かるのですね。もしもそれが出現すれば、ほぼ数年ぶりの3羽烏という事になります。
ですので今月末の終値次第では、もしかすると私が売買をしている外貨で、急落が発生する可能性があるのです。それもかなりの勢いでの急落になります。ですので私が利用している外貨を用いてFXの売買をしている方々の場合、ちょっと今月の終値には着目するべきだと思っています。
ちなみに上記で申し上げた3羽烏というセオリーは、とても実用度は高いですね。FXでは意外と頻繁に見かけるチャートのパターンですので、デイトレなどでは大いに活用できると思う次第です。

続きを読む≫ 2015/10/13 11:04:13